C/

自律神経やホルモンバランスの回復に。

STORY

STORY

現在、僕が提供している施術は、「クレニオ・セイクラル・セラピー」「関節リリース」「ストレス反射テスト」を組み合わせた独自のものです。

 

(以下、からだオタクしかわからない表現もあると思いますが、なるべく平たく書いていきますので、斜め読みでどうぞ。「内容を理解していないと施術の効果が出ない」ということは一切ありませんが、「なんとなくでも概要を把握しているほうが安心して受けられる」というのもあると思います。)

 

f:id:mlzk:20190226143659j:plain

「クレニオ・セイクラル・セラピー」とは、アメリカの医師が開発したセラピーで、脳のシステム(硬膜、脳脊髄液)を整えることを目的にしています。脳のシステムは骨盤までひと続きになっているので胴体も施術していきます。

不調が回復しないのは脳のシステムに問題があるから。「クレニオ・セイクラル・セラピー」ではそう考えます。からだ(骨、筋肉、内臓、神経、ホルモン)を修復させるメカニズムは脳が司令塔になっているのですから、理論上は、全身の隅々までを治癒に向かわせることが可能です。

「クレニオ・セイクラル・セラピー」はやさしいタッチを使うので、他の整体法にはない「心地よさ」が味わえるのが特徴です。しっかりとからだは変化するのに、リラクセーションにもなる。しかも全身の隅々まで対応できる。「これは最強のボディケアだ」と信じて、ずっとワークを続けてきました。

 

ところが、「クレニオ・セイクラル・セラピー」にも弱点がありました。筋骨格のゆがみが大きな方には、変化の戻りが早く、かなり辛抱強く続ける必要があることに気づきました。

 

f:id:mlzk:20191230194724j:plain

そこで、「クレニオ・セイクラル・セラピー」のやさしいタッチを、関節に応用することを思いつきました。背骨、指、足首など、動きづらく固定されてしまったところを、ほんのわずかに関節をひねったり、引っ張ったりするだけで、元通りにできることがわかりました。

「両手ではさんで温めているんですか?」とも言われるくらいの軽いタッチで、関節の可動域が驚くほどに変化します。このテクニックを身につけたことにより、脳のシステムという内側だけでなく、外側からも大きく変化させることが可能になりました。

 

「クレニオ・セイクラル・セラピー」と「関節リリース」、この2つがあれば無敵だろう。そう思っていましたが、またもや簡単にはいきませんでした。幅広いパターンに対応できるようになりましたが、どうしても変化が戻ってしまう方に出会います。

 

f:id:mlzk:20190813212804j:plain

そこで、カイロプラクティックから派生した「筋力反射テスト」に注目しました。

これは脳のストレス反応を利用したテスト法です。脳がストレスを感じると、神経系が混乱し、20秒ほど筋膜がたるみます。つまり、瞬間的に筋力が落ちるのです。

「クレニオ・セイクラル・セラピー」の繊細なタッチは筋膜のたるみを触診で感じることができるので、クライアントの筋力を使わずともテストできることがわかりました。筋力を必要としないので「ストレス反射テスト」と呼ぶことにしています。

手で触れたときにストレス反射が出る場所は、クライアントの脳が「違和感があるから整えたい」と感じている場所。一方、どんなにゆがんでいたとしても、反射が出ない場所は、脳が「変化したくない」と判断しているということです。もっと別の場所に原因があるか、または、順番がもっと後であることを示しています。

このテストを習得することで、施術するべき場所、施術しても意味がない場所がわかるようになりました。からだが治りたい順番は、からだに聞かないとわからないんですね。施術する側の理屈でどんなに整えても、からだが望んでいるステップではないと戻ってしまうのです。

 

脳のシステムを整える「クレニオ・セイクラル・セラピー」をベースに、ソフトに筋骨格を整える「関節リリース」を取り入れながら。どちらも、触れるだけの「ストレス反射テスト」を使って、施術するべき場所なのかを確認しながらやっています。

 

いっときは純粋な「クレニオ・セイクラル・セラピー」をやっていましたが、いまではだいぶ独自のものになってしまったので、Cranio Sacral Therapyの頭文字だけを拝借して、「C/」と名乗っています。もっと良くなる方法があれば、どんどん取り入れていくつもりです。